小野川友隆(辻堂道場代表)
小野川友隆 辻堂道場代表
1981年生まれ
高校時代に埼玉県で空手を始める。

高校卒業後に東京の総本部に内弟子として3年間の修行。

内弟子終了後、神奈川県で指導員を8年間務める。

2011年 多くの方々の協力を得て、「空手道 辻堂道場」を創る。

辻堂道場では競争での勝ち負けではなく、心を大切にし基本・型を中心に稽古しております。
それは、空手は 「自分を強くするだけでなく、人を大切にする」という精神が根底にある武道だからです。
今のような時代に最も必要な心が空手にはあります。
そのような空手の稽古を通して心を磨き、皆さんには強く前向きな生き方につなげていただければ幸いです。
私も毎回の稽古で皆さんと稽古するのが楽しみです(^^)
そして、道場生の皆さん、これから空手を始めようされている皆様には楽しく、意味の深い稽古をしていただければと思います。

今は確信をもってこのような事を言えます。
といいますのも私の場合、以前は粗暴な考えで空手を稽古していた時期が長くありましたので、
たくさんの教訓や学びをいただいたからです。 
競争社会での酷い現状に失望や危機感を感じ、「武道」の心を学びたいという思いで空手を始めましたが、
最初の頃は無知という事もあり、礼や心というものより、どうしても突き・蹴りなど人を攻撃する事ばかりに目がいってしまいます。
それを繰り返しているうち心は後回し、強くなれば良いという考えにいつの間にか自分の方がなっており、
競争・勝ち負けばかりで物事を見るようになっていきました。
一番の原因は「強くなるとは誰かに勝つという事」と強さの基準を勘違いし、稽古のあり方を間違えてしまった事だと
深い反省をしています。

競争社会で生きていると、何かの価値観1つとっても明確な基準を持たなければ、たとえ「駄目だ」と解っていても
自己中心の狭い考えに染まってしまう事を体験を通して痛感しました。
これは武道だからではなく、「お金の問題」、「人間関係」、「社会問題」なども同じです。
特に現代社会は精神的に苦しい思いをされている方が多い事からも解るように、これと似たような思いは多くの方が
経験されていることではないでしょうか。
大変なストレス社会ですし、社会が生き苦しくなっています。
生き残ろうと必死ですから無理もない事かもしれません。
社会がどんどん荒れてしまっているのも、こういった事が大きな原因の一つだと思えてなりません。
私も失敗した人間であり、決して偉そうな事は言えません。皆さんと同じです。
ただ、生き方に確信を持てず、心が荒んだまま日常を生きるというのは自分も苦しく、他人も傷つけます。
大変辛い事だと思います。その気持ちはよく理解できます。

その後、 一緒に稽古してくださった仲間や色々な方々、先生のおかげで、 
本来の空手は 「人を傷つけない」という心(強さと思いやり)ある武道なのであり、戦う手段を追いかけるものではない
という事を知り、深く学びなおす機会に恵まれました。
大変感謝しております。

その時に学んだ空手本来の「礼」や「型」のおかげで、人は争うよりも、助けようとする時の方が本来の力が出せ、
そのような生き方はより希望や前向きさにつなげていく事ができる。
精神論ではなく本当にそうなんだという気付きを得る事ができました。
これは空手の目指す道でもありますし、人としての生き方に沿ったものではないでしょうか。
前向きさや生きる希望が全然違ってくるはずです。生き方に無理がなく、発展性もあります。
確かに心より物が優先の社会です、誰も信用できない社会かもしれません。
が、それ以上に「人としての心」を大切にする事には明確な答えがあり、生きる上でも必要不可欠であり、
どれほど価値のある事なのかを改めて空手から学びました。

実際にそこからは生き方に無理がなくなりました。
少しずつ日常が良くなってきている事が実感できるようになり、武道を学ぶという事の良さや日常に活かす事の
素晴らしさを実感する日々を過ごせております。充実感が違います。

それらの学びや経験を通し、心が疲弊している社会だからこそ、空手は多くの方々のお役に立てるものだと確信する事が
できました。
何故なら、限られた世界だけではなく、色々な物事に対して通じる心を身に付けられるものが武道だからです。
自分のあり方に疑問を感じ、苦しんでいる方を多く見てきたからというのもあります。 
ですから、皆さんには空手を通して、より希望が持てる生き方をしていただきたいですし、
そのような稽古をしていきたいと思います。
空手が皆様に出来る最大の貢献はこの心の部分だと思っております。  
皆様と武道の心を共有できれば大変嬉しく思います。

また、武道を稽古する場というものは、礼や心など精神的な事を大切に思っている方が多く来てくださいます。
その為、辻堂道場では競争の勝ち負けではなく、基本・型・礼を大切に稽古してまいります。
強さというものを正しく理解し、道場の皆さんと心を共有し、 
武道の心(強さ・優しさ)を養い、皆さんの人生を前向きにする力にしていただけたらと思います。

例えばですが、空手の型は攻撃ではなく全て受け技から始まります。
このように動作1つをとっても人と心を大切にする武道です。
そのような心を体感し、ぜひ皆さんの力に変えてください。
空手に興味のある方はもちろん、お子様の将来を心配されている保護者様、悩みを抱えている社会人の方も遠慮なく来てください。
辻堂道場の稽古は強さは目指しますが、戦う事を追求する場ではありません。
安心してご参加いただける稽古内容です(^^)

「自分も強くなる・人も大切にする」という本当の強さに向かって共に歩んでいきましょう。
お互い良い人生を築いていきましょう。
一緒に「心」を稽古しましょう。

私も皆さんと一緒に成長してまいります。

加藤道夫(辻堂道場指導員)

加藤先生 辻堂道場

(株)サ―フレジェンド代表取締役
NPO湘南マリンオ―ガニゼ―ション副会長
NPO神奈川県ライフセ―ビング連盟理事長
1954年生まれ四児の父。多忙な仕事にひるまずに
武道の修行にも取り組むその姿勢は代表である私も見習っております。

美馬光司(辻堂道場指導員)

美馬先生 辻堂道場

横浜国立大学所属 1992年4月11日生まれ。
柔らかな物腰で後輩の指導にあたってくださり、
非常に良い感覚を持っている先生ですB97
後輩達にとって頼りになる存在です。

甲木伴民(辻堂道場指導員)

甲木先生 辻堂道場

多忙な仕事に怯まず、静かに・熱く空手の稽古に取り組まれている先生です。
道場生にとって良い見本になっていただいております。

佐藤祐介(辻堂道場指導員)

佐藤先生 辻堂道場

辻堂道場の発足当初から稽古を支えてくださっている方です。
道場生の皆さんは馴染みの先輩ですよね338
解らない事があったら遠慮なく聞いてみてください。
一緒に練習してくれますよ(笑)

「辻堂道場は皆さんに武道の心を活かしてもらう事を目的としており、空手を通してより強く前向きな人生にしていただきたいと願っております。
道場生の皆さんは真剣に楽しく稽古しておりますので、よろしければ一緒に稽古しましょう!
私もこのように空手で貢献をさせていただける事、皆さんと一緒に稽古が出来る事を嬉しく思っています。我々一同、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。
また、体験や見学も可能です。遠慮なく問い合わせください。
武道だからと固く考える必要はありません。
楽しく稽古していただけますし、安心してご参加いただける稽古内容となっております。
お待ちしております(^^)」

辻堂道場 指導員一同