辻堂道場 道場理念

「このたびは当道場のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

辻堂道場は心を大切にし調和を重視した稽古をしております。
空手をはじめ武道というものは、技を深め「人を斬らない」という生き方に向かうための心の道です。
武道の目的は優劣を争ったり点数で人を判断するものではなく、
元々日本人が重んじていた共存共栄の精神を体現するためにあります。
実際に空手の型の動きは、ほとんどの動作が受けから始まっており、いきなり人を攻撃する動きというものはありません。
動き・呼吸・心の在り方・対人関係・生き方など全てに調和が重要である事が型や一つ一つの技に表されております。
かつての先人達が発揮していた力をどのように発揮すれば良いのか、現代の日本人が忘れてしまったものを
取り戻すための重要な手掛かりが武道には残されているのです。
肉体的にも精神的にも皆様のお役に立てるものであり、生きる希望にもなりえるものだと思います。

その一方で、現在の日本はこのような素晴らしい文化が残ってはいますが、競争社会の影響が深刻になっており、
人々の心は荒れ、日本人の本質とはかけ離れた価値観が溢れている状況です。
競争・勝ち負けが中心となっている現代社会では欲やエゴが優先されます。
勝ち組や負け組などと人々は分断され、人に勝つから力が得られるなどという間違った思い込みが主流になり
競争は更に激化している状況です。
心が失われ、閉塞感が社会全体を覆い問題は次々と発生し、自殺率や貧困率も増え続けています。
自分を見失い道に迷う人が後を絶たず、日本人が元々持っていた精神性や文化は失われる寸前です。
このまま進んでいけば今後の日本がどうなってしまうのか容易に想像がつきます。

今、日本人の本当の力であり本質でもある調和を取り戻す事がとても大切な時代になっております。
そのため、当道場は目先の勝ち負けや優劣を競い合うような事は行わず、基本・型を通して技・心・生き方を深め、
道場生同士が信頼し合う事に価値をもって稽古を進めてまいります。

日本人は殺傷を目的とする技術ですら、「刀を抜かない・斬らない」と人を愛し活かすための道に変えてきました。それが武道です。
武道の本当の素晴らしさは、私達日本人の本領が何であるかを示し道標になってくれる力があるところです。
争うのではなく、争いをなくすための心を共有し、それによって競争社会に染まった生き方を調和の生き方に変えていく。
これを体感し実践する事で自分と他人を信じる本物の自信が身に付き、心ある生き方につながっていきます。
それはお互いが幸せになり、未来により良い日本を残すことにもなるはずです。

現代の価値観がどうであろうと人間は他人を信頼し、また信頼される事によって本来の力を発揮できます。
特に日本人はそのような力を強く持っています。ここに大きな希望があると思います。

競走社会や変貌していく価値観に惑わされず、本物の生き方に向かっていく。

そうした武道の心・日本人としての生き方を皆様と共有できたら大変嬉しく思います。

よろしければ一緒に稽古しましょう。
1人1人が武道と共に人生を歩み、自分を見失う事なく生きていただけるよう辻堂道場は皆様と歩んでいきたいと思います。
道場にはそのような事を共有できる方達がたくさんおります。

道場生の皆さんは真剣かつ楽しく良い雰囲気で稽古されています。
お問い合わせや体験もいつでも大丈夫です。遠慮なくご連絡ください。
武道を皆様の人生に活かしていただければ幸いです。

辻堂道場と皆様との良きご縁が結ばれる事を楽しみにしております。

空手道 辻堂道場 一同」




辻堂空手道場 集合写真