「少年部」
 辻堂道場少年部の稽古風景1 辻堂道場少年部の稽古風景2
このクラスは幼稚園から小学生までを対象としております。体の強さというだけではなく心の成長という面から
みても、とても大切な時期ですので人に勝つという事よりも、礼の動作を通じて心を豊かにし人様を傷つけない
という事。空手の動作を通じて勇気を持つという事を重視して稽古をしております。

ゆっくりとですが確実に強く優しいという事に向かっていただけるよう指導させていただきます。
そして、正しい生き方をしてもらえたらと願っております。
お子様の入会の事で迷われている方は、遠慮なくご相談ください。まずは体験してみるというだけでも大丈夫で
す。小さい子ですと最初は泣き出してしまう事もありますが、すぐに慣れて自分の意思で行動できるようになり
ます。ご安心ください」


「稽古の流れ」
基本・型・2人1組での型・礼法
組手のように当てる稽古は体が成長過程という事を考慮し、軽く行う程度です。

「一般部」
 辻堂道場一般部の稽古風景1 辻堂道場一般部の稽古風景2

この稽古は大人から子供まで誰もが参加することができます。皆さん真剣かつ楽しく取り組まれており、とても良い雰囲気の稽古です。辻堂道場ではこちらのクラスに参加している小学生も多いですが、大人と練習するクラスなので非常に多くの事を学べる場ともなっております。
また、競争の勝ち負けを追うのではなく、自分自身を磨く・心を豊かにする・道場生同士の交流という事を重視した稽古内容となっておりますので、どなたでも安心してご参加いただけます。
よろしければ一緒に稽古しましょう!ぜひ武道の精神を皆様の人生に役立ててください!
「稽古の流れ」
基本・型・組手・礼法・2人1組での型

「基本稽古」
 基本稽古1 基本稽古2
1番基本的で大切な稽古です。1つ1つの技を丁寧に繰り返していきます。
型とは違い複雑な動作は行わず、初心の方でも安心して取り組んでいただけます。
初心者から上級者まで一斉に行えるので、道場生同士で気持ちを高め合えるのも基本稽古の良さです。

21組での基本・型」
二人一組での基本・型イメージ 二人一組での基本・型イメージ

基本稽古や型の動作を対人で稽古をします。
1
人の時は問題なく出来ている動作も、実際に人が相手になると型通りに動けない事があります。
それらを直していくのがこの稽古です。
難しい動作もありますが、黒帯の先生方も指導に周り、先輩・後輩で相談しながら楽しく真剣に練習しています。
やっていると段々と深みが理解できるようになり、面白みが増していくのも特徴です。
辻堂道場では1番重要な稽古として取り組んでおります。

「組手」
辻堂道場 組手風景1 辻堂道場 組手風景2
型や基本のように決められた動きではなく、21組で自由な攻防をします。
ただ、本当に自分勝手な動きをするという事ではなく、あくまで型などで身に付いた動きがどこまで出来るのかを確認する為に行うものです。
1
番重視している事は自分の心を乱さない事。相手を倒す事を1番にするのではなく、自分の今の力量を上げるという事です。
試合や優劣を競うための稽古ではありませんので、お互いに礼の心を忘れずに稽古していきます。 
慣れていない少年部には大人が相手をし直接アドバイスをするなど、安全には十分に配慮しております。
また、辻堂道場には女性の方もいますが、女性は無理に当てる事はやりません。ご安心ください。

「正座・礼などの所作」
辻堂道場 正座 辻堂道場 礼
稽古の開始と終了時には正座などの所作を必ず行います。
形式上のものではなく基本や型と同じくらい重要な稽古として取り組んでおります。
特に初心の方は、礼の動作によって生まれる姿勢の強さなどを体感し、
日常でも空手を活かしていただければ嬉しく思います。
また、心を込めて礼をする事で自然と道場生同士の結束も強まっていきます。
そういった事を体感し、より空手と日常を充実させていく稽古とも言えます。